教員便利グッズ

富士通ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1600の優秀な10個の性能!

こう
こう
こんにちは!小学校教員のこう(@kosensei8)です!

普段から紙媒体の資料を、全てiPadに保存している僕ですが、いくつか悩みがありました。

  • 1枚ずつ写真を撮るのが面倒
  • 写真がうまく撮れないときがある
  • 保存先をいちいち指定するのが面倒

このあたりの悩みを解決するべく、今年から導入したのが「ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1600」です!

とにかく優秀で、仕事をさらに効率化することができています。

今回はそのドキュメントスキャナー ScanSnap iX1600の性能を詳しく解説していきます!

それでは、早速行きましょう!

富士通ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1600の基本情報

メーカー 富士通
商品モデル番号 FI-IX1600
製品サイズ 16.1 x 29.2 x 15.2 cm; 3.4 Kg
商品の重量 3.4 kg
読取方式 自動給紙機構、両面同時読み取り
読取モード 片面 / 両面、カラー / グレー / 白黒 / 自動
光学解像度 600dpi
読取速度 両面・片面 40枚/分
読取範囲 A4,A5,A6,B5,B6,はがき,名刺など
接続方法 アクセスポイント接続モード / ダイレクト接続モード

富士通ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1600本体と付属品

まずは、本体から開封します。

思った以上にコンパクトで、白を基調とした、シンプルなデザインです。

上のカバーを開けるとこんな感じです。タッチパネルが搭載されており、操作も楽チン。

USBケーブル(USB 3.1対応)1本

ACケーブル1本

ACアダプター1個

こちらの、名刺・レシートガイドは、名刺をはじめとした小型の原稿や、レシートのようなカールしやすい原稿の読み取りの際に使用します。

その他にも、ライセンス証が同封されていました。

富士通ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1600の優秀な10個の性能

  1. 簡単操作のタッチパネルを搭載
  2. 毎分40枚・80面の高速スキャン
  3. 最大50枚までセットが可能
  4. 給紙カバーを開けるだけで高速起動
  5. エラーがない安定した給紙
  6. 「縦筋軽減」機能で、きれいにデータを保存
  7. Wi-Fi環境が必要ない「ダイレクト接続モード」
  8. A3/B4サイズもスキャン可能
  9. ScanSnap Cloudでクラウドサービスに保存
  10. 整理・活用をスマートにアシストするScanSnap Home

それでは、詳しく見ていきましょう!

⓵簡単操作のタッチパネルを搭載

「ScanSnap iX1600」では、簡単に操作できるタッチパネルが搭載されています。

機械が苦手な人でも、わかりやすいアイコンによって、直感的に操作ができる印象です。

また、用途に合わせて、20種類以上のテンプレートが用意されています。

こう
こう
20種類も!もっと使いこなせるように頑張ろう…!

②毎分40枚・80面の高速スキャン

「ScanSnap iX1600」では、両面原稿を毎分40枚・80面で読み取ります。

そして、原稿サイズ、色や両面・片面を自動的に判別し、驚くほど簡単に、そしてスピーディーに電子化します。

③最大50枚までセットが可能

A4原稿を最大50枚まで一気にセットすることが可能です。

また、下の原稿から給紙するため、読み取りの途中でも原稿の継ぎ足しができます。

こう
こう
教科書や指導書のコピーを一気に読み取るときに大活躍します。

④給紙カバーを開けるだけで高速起動

電源スイッチはなく、給紙カバーを開けるだけで簡単に起動し始めます。

そして、たったの2.9秒で読み取り可能になるので、使いたいときにすぐに使うことができます。

⑤エラーがない安定した給紙

2枚目以降の原稿を抑え込む「ブレーキローラー」が採用されており、原稿を1枚ずつ高速に送り出すことが可能になっています。

また、誤ってホッチキスの芯などが付いたまま給紙してしまった際にも、「超音波方式マルチフィードセンサー」によって問題を検出し、トラブルを防いでくれます。

⑥「縦筋軽減」機能で、きれいにデータを保存

「ScanSnap iX1600」では、画像に縦筋が入るような場合でも、「縦筋軽減」機能でしっかりと縦筋を軽減してくれます。

⑦Wi-Fi環境が必要ない「ダイレクト接続モード」

「ScanSnap iX1600」には、Wi-Fi環境に合わせた以下の2つの接続モードがあります。

  • アクセスポイント接続モード
  • ダイレクト接続モード

Wi-Fi環境がある場合とない場合で、使い分けます。

ダイレクト接続モードを使用することで、Wi-Fi環境がない場合でも、コンピューター、スマートデバイス(iPadなど)と直接接続することができます。

こう
こう
もちろん、無線です!!!

⑧A3/B4サイズもスキャン可能

読取範囲は、最大でA4サイズとなっていますが、A3/B4サイズも2つ折りにしてスキャンすることが可能です。

枚数が多いときは、2つ折りにする作業がやや手間にはなりますが、2つ折りの両面を合わせて読み取り、しっかりと1枚の原稿として電子化してくれます。

ただし、先ほど紹介した「ダイレクト接続モード」は、A3/B4サイズのスキャンは対応していません。

そのため、Wi-Fi環境がない場合は、A3/B4サイズの原稿を、印刷機でA4サイズに縮小コピーしてから、スキャンしなければなりません。

こう
こう
少し惜しいポイント!

⑨ScanSnap Cloudでクラウドサービスに保存

「ScanSnap Cloud」とは、コンピューターやスマートフォン、タブレットを使わずに、様々なクラウドサービスに直接つなげるサービスです。

例えば、以下のクラウドサービスに接続が可能です。

  • Dropbox
  • Evernote
  • Google Drive
  • OneDrive

他にも、用途によって、様々なクラウドサービスに接続し、データを保存することができます。

こう
こう
保存先を指定できるのは、便利っすね!

⑩整理・活用をスマートにアシストするScanSnap Home

ScanSnap Homeは、スキャナーの設定やファイルの管理・活用などをスマートにアシストするScanSnap専用のソフトウェアです。

例えば、以下の機能などがあります。

  • 原稿種別判別機能
  • カラー自動判別機能
  • 自動ファイル名生成
  • ファイル名修正アシスト
  • 検索可能なPDFを生成
  • サイズ自動検出機能
  • 傾き補正機能
  • 白紙ページ削除機能
  • 抽出データの修正アシスト
  • 原稿種別やタグによる簡単検索
  • PDF/JPEGの保存形式によらない全文検索
  • 名刺管理
  • レシート管理
こう
こう
ScanSnap Homeを使用すれば、世界が変わります!!!

富士通ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1600の優秀な10個の性能のまとめ

  1. 簡単操作のタッチパネルを搭載
  2. 毎分40枚・80面の高速スキャン
  3. 最大50枚までセットが可能
  4. 給紙カバーを開けるだけで高速起動
  5. エラーがない安定した給紙
  6. 「縦筋軽減」機能で、きれいにデータを保存
  7. Wi-Fi環境が必要ない「ダイレクト接続モード」
  8. A3/B4サイズもスキャン可能
  9. ScanSnap Cloudでクラウドサービスに保存
  10. 整理・活用をスマートにアシストするScanSnap Home

以上が「ScanSnap iX1600」の優秀な10個の性能でした!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

現役教師が「ScanSnap iX1600」を使っている6つの理由! 皆さんは、富士通のドキュメントスキャナー「ScanSnap iX1600」をご存じでしょうか? 「ScanSnap iX1...

ツイッター(@kosensei8)では定時で帰る働き方を毎日発信しています!

ぜひフォローもよろしくお願いします!

>>ツイッターはこちら

この記事を読んで、

  • 素晴らしい記事だと思った人
  • 理想的だなと思った人
  • こんなん無理だろと思った人
  • あんまり何とも思わなかった人
  • 定時に帰りたいと思っている人

Twitterで感想をシェアしてもらえると嬉しいです!!!

シェアボタンは、この下にあります!よろしくお願いします!