仕事力アップ・効率化

【梅雨時期におすすめ】教室で簡単にできる遊び10選!準備はいらない!

こう
こう
こんにちは!小学校教員のこう(@kosensei8)です!

梅雨の時期は、雨が多く、休み時間を教室の中で過ごすことが多くなります。

この記事では、そんなときにおすすめの「教室で簡単にできる遊び10選」を紹介します。

準備もいらず、子どもたちだけで遊べるので、ぜひ参考にしてください!

では早速行きましょう!

【梅雨時期におすすめ】教室で簡単にできる遊び10選!準備はいらない!

詳しく見ていきましょう!

①たけのこニョッキ

たけのこニョッキゲームの、開始までの流れは以下の通りです。

  1. 内側を向いて輪になる
  2. 手の平を合わせて、たけのこの形をつくる
  3. 「たけのこ、たけのこ、ニョッキッキ!」の号令でゲーム開始

あとは自分のタイミングで「いちニョッキ」「にニョッキ」「さんニョッキ」と言って手を上にあげます。

そのときに、誰かと同じタイミングで、声を出してしまったり、手を動かしてしまったりすると、その人は負けになります。

また、「〇〇ニョッキ」と言えずに、最後まで残った人も負けとなります。

誰ともかぶらずに言えた人は、勝ち抜けになります。

僕のクラスでは、勝ち負けではなく、「全員がクリアできるか」といったルールでやっています。

「はじめしゃちょーの畑」でも行われていました。是非参考にしてください!

こう
こう
僕のクラスでは人気ナンバーワンの遊びです!

 

②リズム4ゲーム

リズム4ゲームは、TBS系バラエティ番組の「学校へ行こう!」で紹介され、大流行したゲームです。

高学年におすすめです。

ルールは以下の通りです。

人数は2人から6人くらいが程よい緊張感のもと楽しめる。

  1. 始める前に、各々のプレーヤーの「呼び名」2文字を確認する。
  2. 手を使って全員でリズムを取る。リズムは4拍子で、1拍目は机を両手で叩き、2拍目は手拍子を叩き、3拍目は右手を、4拍目は左手を握る。
  3. ゲームのスタートとなる掛け声、「(呼び名)、から、はじ、まる、リズ、ムに、合わ、せて(8拍)」 を全員で言う。
  4. 次の4拍を使って他のプレーヤーを指名する。指名の方法は、リズムの3拍目に他のプレーヤーの呼び名、4拍目に1から4の数字を指定する。
  5. 名前を呼ばれた者は、次の4拍のリズムに合わせて、親が4拍目に指定した回数分だけ自分の呼び名を繰り返す。
  6. 呼ばれた者が、自分の呼び名と回数をリズムに合わせて間違えずに言えると、その人が親になる。
  7. 4から6を繰り返す。ここで間違えた場合、その時点で負けとなる。

Wikipediaより

動画のように、オリジナルルールを追加するとさらに面白くなります。

こう
こう
ただし、机をたたく音がうるさいのが難点!(笑)

 

③スーパーマリオゲーム

スーパーマリオゲームは、順番に決められた言葉を言っていく、リズムゲームです。

基本的なルールは以下の通りです。

  1. 「スーパーマリオ!コイン!」という言葉を、決まった部分で区切りながら順番に言う
  2. 1周するごとに「コイン!」の回数が増える
  3. 間違ってしまった人や、リズムに乗れなかった人が負け

決められた言葉はこちらです。

  1. 「スー」
  2. 「パー」
  3. 「マリ」
  4. 「オ」
  5. 「スーパー」
  6. 「マリオ」
  7. 「スーパーマリオ」
  8. 「コイン」

この8個の言葉を、順番に言っていきます。

1周するごとに、「コイン」の回数が増えるので、2週目は以下のようになります。

  1. 「スー」
  2. 「パー」
  3. 「マリ」
  4. 「オ」
  5. 「スーパー」
  6. 「マリオ」
  7. 「スーパーマリオ」
  8. 「コイン」
  9. 「コイン」

何週目かを覚えておき、「コイン」の数を間違えないようにするのがポイントです。

こちらの動画の「2:50~」紹介されています!

小学生向けに、決められた言葉を少なくして、難易度を下げることも出来ます。

  1. 「スー」
  2. 「パー」
  3. 「マリオ」
  4. 「スーパーマリオ」
  5. 「コイン」
こう
こう
みんなで何週いけるか目標を決めてやるのも面白いです!

 

④ほうれん草ゲーム

ほうれん草ゲームとは、ほうれん草2本を想定して、手を使って遊ぶゲームです。

自分の持っているほうれん草2本を「ほうれん草ほうれん草!」と声を出しながら、相手に渡していきます。

もらったほうれん草を、渡せなかったり、リズムに乗れなかったりすると負けになります。

動画を見て、やり方を確認してみてください!

こう
こう
高学年におすすめです!

 

⑤指スマ

指スマは、みなさんご存じのゲームだと思います。

掛け声は、地方によって様々です。

有名YouTuberのフィッシャーズもやっていました!

こう
こう
安定の面白さ!

 

⑥絵しりとり

絵しりとりとは、その名の通り、絵を描いてしりとりをしていくゲームです。

僕のクラスでは、黒板に班ごとのスペースを取り、時間内にいくつ描けるかというルールでよくやっています。

終わった後の答え合わせで、みんなが思っていたのと違ったときに、めちゃくちゃ爆笑が起こります(笑)

こう
こう
普段は、黒板に絵を描くことができないので、子どもたちは大喜びでやっています!

 

⑦マジカルバナナ

マジカルバナナは、前の人が言った言葉から連想して答えていく、リズムゲームです。

初めの人が「バナナと言ったら○○」と言います。

すると、次の人は、○○から連想するものを答えていきます。

結構頭も使うので、高学年におすすめです。

こう
こう
みんなおなじみのゲームですね!

 

⑧手作りすごろく

手作りすごろくは、その名の通り、手作りですごろくを作る遊びです。

自由にマスのアクションを決めることができるので、子どもたちは楽しそうに取り組みます。

ちびむす」というサイトなら、色んなすごろくを無料でダウンロードできます。

>>すごろくをダウンロードする

 

⑨上上下下ゲーム

上上下下ゲームのルールは以下の通りです。

  1. 2人、前に出てきてみんなの方を向く
  2. ゲームマスターが黒板に数字を書く
  3. 前に出てきた2人が交互に数字を言う
  4. みんなは数字を聞いて、黒板に書いてある数字より「上」か「下」かを伝える
  5. そのヒントを頼りに、先に数字を当てた方が勝ち

シンプルなゲームですが、回答者が近い数字を言うたびに盛り上がるのが、とても楽しいです。

こう
こう
ちょっとしたスキマ時間にできるのも良いっすね!

 

⑩ジェスチャーゲーム

みなさんおなじみのジェスチャーゲームです。

通常のルールでも面白いですが、この動画のように、しりとりジェスチャーゲームにしても、とても盛り上がります。

こう
こう
答えた人が次にジェスチャーをする人になるというルールでも面白いですよ!

 

【梅雨時期におすすめ】教室で簡単にできる遊び10選のまとめ

  1. たけのこニョッキ
  2. リズム4ゲーム
  3. スーパーマリオゲーム
  4. ほうれん草ゲーム
  5. 指スマ
  6. 絵しりとり
  7. マジカルバナナ
  8. 手作りすごろく
  9. 上上下下ゲーム
  10. ジェスチャーゲーム

以上が、教室で簡単にできる遊び10選でした!

梅雨時期に入り、教室の中で休み時間を過ごすことが多くなる子どもたちに、ぜひ教えてあげてください!

少しでも皆さんの教師人生のお力になれたら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ツイッター(@kosensei8)では定時で帰る働き方を毎日発信しています!

ぜひフォローもよろしくお願いします!

>>ツイッターはこちら

この記事を読んで、

  • 素晴らしい記事だと思った人
  • 理想的だなと思った人
  • こんなん無理だろと思った人
  • あんまり何とも思わなかった人
  • 定時に帰りたいと思っている人

Twitterで感想をシェアしてもらえると嬉しいです!!!

シェアボタンは、この下にあります!よろしくお願いします!