仕事力アップ・効率化

【見逃し厳禁】定時退勤するために夏休みにやるべきこと10選

こう
こう
こんにちは!小学校教員のこう(@kosensei8)です!

もうすぐ夏休みが始まります。

みなさん、1学期本当にお疲れさまでした。

せっかくの夏休み期間ですので、のんびりと過ごすのも良いことです。

しかし、出勤して仕事をするときも、ダラダラと過ごしてしまうのはもったいないです。

この期間に、やるべきことをどんどん進めておくことをおすすめします。

夏休み期間の過ごし方次第で、2学期に「定時で帰れるか」「残業の毎日が続くか」がきまるといっても過言ではありません。

また、時間に余裕があるので、プライベートでも新しいことに挑戦できるチャンスです。

この記事を読んで、夏休み期間にやるべきこと明確にし、有意義な時間を過ごしてください!

では、早速行きましょう!

【見逃し厳禁】定時退勤するために夏休みにやるべきこと10選

①行事の打ち合わせ

2学期は、遠足・校外学習・運動会・学校公開など、たくさんの行事が行われます。

行事の日程が迫ってくると、学年での打ち合わせも増え、そのことで頭がいっぱいになり、どうしてもバタバタしてしまいます。

そうならないためにも、夏休みの時間があるときに、できる限り具体的に、学年で打合せをしておくと良いです。

具体的な提案と検討事項を示す

円滑に打ち合わせを進めていくためには、具体的な提案検討事項を示すことが大切です。

例えば、運動会の「団体競技」の打ち合わせをする場合、簡単でいいのでその日までに資料を自分で作ってしまいます。

〇年 団体競技(案)

  • 競技名
  • 競技図
  • 競技のルール

☆検討事項

  • チーム分けについて
  • ルールについて

このように、簡単でいいので、資料にまとめて提案すると、打ち合わせがスムーズに進んでいきます。

重要なのは、その打合せで「何を話し合うのか」を示すことです。

こう
こう
時間があると、ついダラダラと話してしまうので…

 

②ワークシートの作成・印刷

2学期に使用する予定のワークシートは、夏休み中に作成し、印刷まで終わらせておきます。

道徳や外国語など、初めからワークシートで行うと決めている教科も、中にはあると思います。

遠慮することなく、全て印刷まで終わらせておきましょう。

 

③指導書のコピー

学校によっては指導書が学年で1冊ずつというところもあるかと思います。

教材研究をしようと思ってから、コピーをするのではなく、1学期の終わり、遅くとも夏休みの始めには、2学期の指導書を一気にコピーしておきましょう。

補足ですが、ワークシートの印刷や、指導書のコピーなどの作業は、午後の眠くなる時間や、疲れて頭が働かない時間帯にするようにしましょう。

教材研究など頭の使う仕事はできなくとも、コピーくらいならできるはずです。

こう
こう
頭がよく働く朝に行うのは、もったいないです!

 

④学級通信・学年通信の作成

学級通信や学年通信も、夏休みのうちにストックしておきます。

日程や学習内容など、できるところまでで良いので作成します。

こう
こう
完成させようとは思ず、進めておくといったイメージです。

個人的に、学級通信は子どもの様子を伝えるというよりは、生きていくうえで大切なことを伝えるツールとして活用しています。

例えば

  • あいさつはなぜしなければいけないのか
  • 勉強をする理由は?
  • テストってなぜするの?
  • 時間を守ることの大切さ
  • がんばる方法を教えます

このように、子どもたちに伝えたいことを書くので、夏休み中もネタはたくさんあります。

夏休み中にいくつかストックしておき、2学期が始まってから、子どもたちの様子に合わせて発行します。

こう
こう
ありがたいことに、「とても勉強になります!」と保護者の方からも好評をいただいています。

 

⑤本を読む

教師として学び続けることは大切です。

余裕がある夏休み期間に、少しでも本を読むことをおすすめします。

本を購入しても、すべて読む自信がなく、買うことを躊躇してしまう人もいると思います。

そういう人は、「本をすべて読むこと」を目的にしないことです。

本を読むのは、「学びたい」「レベルアップしたい」ということが目的なので、少しでも学ぶことがあればオッケーです。

まず目次に目を通して、気になるところから読んでいく方法を試してみてください。

ぜひ、気になっている本は今のうちに購入しておき、夏休み期間に読んでください。

Twitter

⑥Twitterを始める

「え?Twitter?」

Twitterには、優秀な先生方がたくさんいます。

その人たちのつぶやきから、学ぶことがたくさんあります。

ぜひ、夏休み中にTwitterを始めて、色んな先生方と繋がってみてください。

 

⑦ジムに通う

ジムに通うメリットは大きく3つあります。

  1. 健康になる
  2. 疲れにくくなる
  3. 仕事以外の時間が充実する

体を鍛えると健康になることはもちろん、筋肉が付けば自分に自信もつきます。

よく、「仕事した後によくジムに通えるね」と言われますが、むしろその逆です。

普段ジムで鍛えているからこそ、疲れにくい体を手に入れることができます。

そして、ジムに行きたいので、仕事も早く切り上げたいと思うようになり、仕事中の時間の使い方を工夫するようになります。

夏休みの間にジムに入会して、トレーニングの習慣をつけてしまいましょう!

こう
こう
ジムでトレーニングをしながら、オーディブルなどで耳から勉強するのもおすすめです!

 

⑧iPad購入

今すぐiPadを購入しましょう。

僕はiPadを購入してから仕事が劇的に早くなり、毎日定時に帰れるようになりました。

iPadを購入することで、以下のことが可能になります。

  • 資料整理
  • 教科書データを保存
  • 教材研究
  • プリント作成
  • スケジュール管理
  • kindle本を読む

iPadを購入してからは、必要なものは全てiPadに保存しています。

そのおかげで、いつでもどこでもサクッと教材研究ができるようになりました。

教科書をミラーリングすることができるので、大きい模造紙に印刷し、黒板に貼るという作業もなくなります。

今すぐ購入し、夏休み中に色々試してみることをおすすめします。

 

⑨資料整理

1学期にたまった資料を全て整理しておきましょう。

いらないものはとにかく捨ててください。

iPadを購入したら、全てスキャンしてデータ保存しましょう。

机の中が整理されているだけで、仕事は早くなります。

こう
こう
僕の机の中は常にスッカスカです!(笑)

 

⑩教材研究

最後は、教材研究です。

2学期、毎日定時で帰りたいなら、この夏休み中にどれくらい教材研究をやるかが一番のカギです。

学校が始まると、放課後の時間は会議や学年の打ち合わせ、出張、生徒指導、保護者対応など、教材研究をする時間はほとんどありません。

そのため、5時を過ぎてから教材研究をし始めることになります。

しかし、夏休みの間に一通り全ての内容に目を通し、教材研究を進めておくと、事前準備の時間が限りなく少ない時間で済みます。

こう
こう
あえて人が少ない日に出勤し、教室にこもって丸一日教材研究をするときもあります!

 

【見逃し厳禁】定時退勤するために夏休みにやるべきこと10選のまとめ

  1. 行事の打ち合わせ
  2. ワークシートの作成・印刷
  3. 指導書のコピー
  4. 学級通信・学年通信の作成
  5. 本を読む
  6. Twitterを始める
  7. ジムに通う
  8. iPad購入
  9. 資料整理
  10. 教材研究

以上が、定時退勤するために夏休みにやるべきこと10選でした。

夏休み期間の過ごし方次第で、2学期に「定時で帰れるか」「残業の毎日が続くか」がきまるといっても過言ではありません。

2学期のためにも、充実した1ヶ月にしていきましょう!

少しでも皆さんの教師人生のお力になれたら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Twitter(@kosensei8)では定時で帰る働き方を毎日発信しています!

ぜひフォローもよろしくお願いします!

>>Twitterはこちら

この記事を読んで、

  • 素晴らしい記事だと思った人
  • 理想的だなと思った人
  • こんなん無理だろと思った人
  • あんまり何とも思わなかった人
  • 定時に帰りたいと思っている人

Twitterで感想をシェアしてもらえると嬉しいです!!!

シェアボタンは、この下にあります!よろしくお願いします!